業界記事

【東京商工会議所】 独自のBCP策定を支援

2016-11-22

 東京商工会議所(東京都千代田区)は会員企業が独自にBCP(事業継続計画)を策定できるよう、策定ガイドや普及・啓発パンフレット公開のほか、防災対策セミナー・施策説明会などを開催している。今後は従来の取り組みに加え、国土交通省との連携を図りながら会員企業へのさらなる周知・啓発活動を推進する方針だ。  同所は会員企業を対象とした防災対策に関するアンケートの結果を防災対策促進活動や国・都への意見活動などに反映させている。4月に実施したアンケートでは荒川右岸低地氾濫の被害想定について、内容を詳しく知っていると回答したのは3%、おおむね知っているとしたのは24・5%で、首都直下地震と比較すると認知度は低い。BCP策定済みの企業は25・9%で、従業員数が少ないほど策定率が低いことが分かった。  また、北支部は荒川で水災害発生の可能性が高いことを背景に、2013年度に水害対策版BCPを取りまとめた。水災害における有効な対策として、企業単位でのBCP策定、サーバー・パソコンのバックアップ、電気系統の防水対策などが挙げられている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野