業界記事

【羽田空港跡地開発】 第2ゾーンは住友不動産に

2016-06-20

 国土交通省が民間事業者の選定を進めてきた羽田空港跡地第2ゾーンの開発は、住友不動産・東京国際空港プロジェクトチームの提案が最優秀に決まった。代表企業は住友不動産で、コンソーシアム構成員は住友不動産ヴィラフォンテーヌ、日建設計、西松建設、前田建設工業となる。今後、7月に基本協定を、9月に事業協定・国有財産定期借地権設定契約書を締結する。対象地の貸付期間は2018年4月1日から原則50年。
 羽田空港の沖合展開事業等で発生した跡地の第2ゾーンの約4・3haが対象面積で、事業者は国から空港用地の貸付を受け、宿泊施設などの整備・運営を行う。提案の概要は後日公表される。
 一般競争入札の総合評価落札方式で行われた公募では3つのグループが参加。提案貸付料に年額27億円を設定した住友不動産のチームは、価格評価点で高評価を獲得し、総合点の評価が最も高くなった。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野