業界記事

【前倒し発注】 5月までは動き鈍く

2016-06-08

 政府は、本年度上期中に8割程度の公共工事の前倒し発注を指示しているが、東日本建設業保証の保証取扱高から見た5月までの公共工事動向を見ると、地方自治体からの発注はまだ前年に届いておらず、前倒し発注の準備が整っていない状況がうかがえる。
 昨年度からの繰り越し工事分を除いた、今年度請負工事だけを見ると、国からの受注は876億円と前年比6・8%増加しているが、都道府県・市区町村は前年比で23・5%減、9%減といずれもマイナスになっている。独立行政法人、地方公社も前年比ではマイナスだった。
 国も大幅な増加ではないため、来月以降の状況を見る必要があるが、前年比で増加しているため、前倒し発注の動きが出始めているように見える。一方、地方自治体では前倒し発注指示の影響が見られない。まだ発注準備が整っていないと考えられ、来月以降その動きが見えてくるのではないかと思われる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野