業界記事

【アスファルト合材】 上期製造量は2年ぶり1700万t割れ

2018-10-19

 日本アスファルト合材協会(日合協)は2018年上期のアスファルト合材製造数量を公表した。前年度比90万t減の1676万8858tで同5・1%減。1700万tを割ったのは2年ぶり。  減少の主な要因としては、昨年の反動減もあるが、原油高によるストアスの先高感、災害による工事中断、スポット工事が少なかったことなど。  地域別では昨年同期、全地区が前年同月の製造数量を超えたのに対して、沖縄を除く全地区が減少した。  工場稼働率については、前年9月累計の33・9%に対し、本年は32・4%。特に近畿28・8%、中国24・3%、四国24・9%、九州26・6%と西日本方面は軒並み30%を下回る低稼働率になっている。  集計は全国の812社、906工場を対象に行った。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野