業界記事

【働き方改革加速化】 週休2日制導入や生産性向上を後押し

2018-03-20

 国土交通省は20日、長時間労働の是正、給与・社会保険、生産性向上の3つの分野における新たな施策をパッケージ化した「建設業働き方改革加速化プログラム」を発表した。自民党の公共工事品質確保に関する議員連盟からの要望を踏まえてまとめたもので、週休2日制の導入や生産性向上に取り組む建設企業を後押しするなど、これまでの政府や建設業団体の取り組みの流れを止めることなく、さらに加速させる。  同日の閣議後会見でプログラムを発表した石井啓一大臣は、プログラムに盛り込まれた施策を「関係者の密接な連携と対話の下で展開する」とした上で、27日に建設業関係の4団体(日本建設業連合会、全国建設業協会、全国中小建設業協会、建設産業専門団体連合会)に対して積極的な取り組みを要請する考えを表明した。  具体的な施策のうち、長時間労働の是正に関しては、公共工事における週休2日対象工事の適用を大幅に拡大するとともに、民間工事でもモデル工事を試行する。週休2日の実施に伴う必要経費を的確に計上するため、労務費や機械経費(賃料)補正の導入、共通仮設費と現場管理費の補正率を見直す。週休2日を達成した企業や女性活躍を推進する企業など働き方改革に積極的に取り組む企業は成績で評価する。また、長時間労働にならない適正な工期設定を推進するため、2018年度の早期に適正工期設定ガイドラインを改定する。  給与・社会保険の関係では、建設キャリアアップシステムの今秋の稼動と、おおむね5年で全ての建設技能者(約330万人)の加入促進、建設技能者の能力評価制度の策定、専門工事企業の施工能力等の「見える化」検討、民間発注工事における建設業の退職金共済制度の普及働き掛け、社会保険未加入の企業は建設業の許可・更新を認めない仕組みとする許可制度の見直しなどを行う。  生産性向上に関しては、中小建設企業による積極的なICT活用を促すため、公共工事の積算基準等を改善するほか、生産性向上に積極的に取り組む建設企業などを表彰する「i-Construction大賞」の対象を拡大する。仕事の効率化では、工事書類作成の負担軽減へ向けた入札時における簡易確認型の拡大、工事成績評定要領と共通仕様書の基準類改定、新技術導入等による施工品質の向上と省力化を図る。さらに、技術者配置要件の合理化検討や補助金などを受けて発注される民間工事を含む施工時期の平準化推進、重層下請構造改善のための下請次数削減方策も検討する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野