業界記事

【営繕工事成績評定】 施工合理化技術の評価を明確に

2018-01-05

 営繕工事における働き方改革に取り組む国土交通省大臣官房官庁営繕部は、施工者からの施工合理化技術の提案を促すとともに、採用された提案を積極的に導入するため、営繕工事に関する請負工事成績評定要領の運用方法を改定した。  プレハブ化やユニット化、ICT施工およびロボット活用等の自動化施工、BIM、ASP(情報共有システム)などの施工合理化につながる技術を採用した場合、創意工夫の項目で評価対象として明確化するとともに、準備・後片付け、安全衛生、NETIS等においても施工合理化技術を活用して効果があった場合には、具体的な内容を記載して加点できるようにした。新たな運用方法は地方整備局等が1月1日以降に入札を行う工事から適用する。  今回の改定で、評価する側が施工合理化技術を活用した施工管理の工夫を取りこぼしなく確認できるようになるため、施工者側も安心して提案・導入することができる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野