業界記事

【民間開発】 豊洲エリア最大規模のプロジェクト着工

2016-12-01

 三井不動産(東京都中央区)が都内の豊洲エリアで最大規模のプロジェクトとして計画する豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業2-1街区のうち、AC棟が1日に着工した。都内湾岸エリアの新たなランドマークとしてオフィス、商業、ホテルなどの複合的な大規模再開発となり、ガス発電により電気と熱の供給を行うエネルギーセンターも備える。来年12月に着工予定のB棟と併せて全体延べ床面積は約25・9万㎡の規模となる。ホテルは20年6月下旬、商業施設は20年上期のオープンを目指す。
 計画地は、江東区豊洲二丁目15番12地内で、全体敷地面積は約2・8万㎡。ららぽーと豊洲、ゆりかもめ豊洲駅、豊洲公園に隣接する。
 施設規模はAC棟が地下2階地上36階建てで、延べ床面積約18・4万㎡。高さは約180m。A棟には免震装置を導入する。ホテルは33~36階の上層部に設置し、客室数は約225室を計画する。
 なお、都市計画・基本計画・監理は日建設計、設計・施工は大成建設が担当。

一覧へ戻る