業界記事

【建設経済レポート】 技能労働者の確保・育成で4つの課題

2016-11-04

 建設経済研究所は「日本経済と公共投資」に関するレポートで、建設技能労働者の確保・育成に向けた課題として①企業の内容の可視性②勤務条件、労働環境③技能労働者の育成・成長システム④採用活動―の4点を指摘した。  学校や公共職業安定所の関係者、求人情報誌にインタビューした結果を考察したもの。同研究所では、休日などの処遇改善とともに、男性・女性、若年者・高齢者を問わず働きやすい環境の整備、技能を維持・伝承するための教育システム整備、企業と学校の信頼関係の構築が重要との考えを示唆している。  インタビューでは、企業の内容の可視性について、仕事内容が建設業以外の人に認知されておらず、昇給基準といった勤務条件、キャリアパスが丁寧に表示されていないという意見があった。  勤務条件に関しては建設業の休日、日給制、社会保険加入の現状が外部から見ると違和感があるという意見、労働環境では3K労働の印象が残っており、力仕事の軽減が課題との声が寄せられた。  育成・成長システムの関係では、「見て覚えろ」という対応ではうまくいかない、研修が実施できている企業は多くない、などの感想がみられた。  採用活動については、高卒新卒者の採用で企業と高校との間の信頼関係があれば求人・応募がスムーズに進みやすいとの指摘があった。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野