業界記事

【前払金の使途拡大】 導入済みは471機関に増加

2016-10-17

 本年度予算の早期執行に伴い、国土交通省が前払金の使途を対象工事の施工に必要な現場管理費と一般管理費の一部まで拡大する特例措置を講じたことを受け、10月3日現在で471の発注機関で導入済みになったことが3保証会社の調査で分かった。
 導入済み機関は中央省庁が国交省など6省、独立行政法人等は高速道路会社や国立大学法人など27機関、都道府県は44機関、市町村は394機関となり、9月1日時点と比較して都道府県は3県増加し、市町村では62機関増えている。
 本年度内に請負契約を結ぶ工事の前払金が対象で、上限は前払金額の25%。現場常駐社員の給与や労災保険の法定福利費など工事管理に必要な現場管理費は全て対象。また、本年度補正予算でも年度内に請負契約を結ぶ工事は対象になる。

一覧へ戻る