業界記事

【登録講習・試験】 解体と基礎ぐい工事の登録機関決まる

2016-08-01

 国土交通省は、主任技術者要件として新たに登録基礎ぐい工事試験および登録解体工事試験の合格者を位置付けるに当たり、登録講習・試験の登録機関を決め、8月1日付で登録した。登録解体工事講習および登録解体工事試験は全国解体工事業団体連合会、登録基礎ぐい工事試験は日本基礎建設協会とコンクリートパイル建設技術協会が登録機関となる。
 登録解体工事講習は、全国9会場で9月中旬以降に行われる予定。資格取得を希望する1・2級の建築施工管理技士、1・2級の土木施工管理技士で技術士の資格を保有し、かつ実務経験が1年未満の場合は講習を受ける必要がある。
 登録解体工事試験は12月上旬から全国13会場で、登録基礎ぐい工事試験は11月中旬から全国6会場での実施が予定されている。
 なお、2005年度までに実施された解体工事施工技士資格試験および15年度までの解体工事施工技士試験の合格者については登録解体工事試験の合格者とみなし、15年度の基礎施工士検定試験の合格者に関しては登録基礎ぐい工事試験の合格者とみなす。
 

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野