業界記事

【i-Construction】 北海道と北陸でICT土工始まる

2016-06-15

 現場の生産性向上を目差して国土交通省が進めるi-Constructionに対応したICT土工の直轄第1号工事が北海道と北陸で始まった。対象は砂子組(北海道)が受注した「道央圏連絡道路千歳市泉郷改良工事」と、会津土建(福島県)が担当する「宮古弱小堤防対策工事」の2件。昨年度末に通常の土工工事として入札が行われたが、その後、受注者の提案・協議でICT土工を行うことになったもの。
 いずれも5月中にUAV(ドローン)による施工前測量が行われ、測量結果や設計の3次元データを用いたICT建機による施工が今月上旬から始まった。施工後は3次元出来形管理等の施工管理、3次元データの納品までを行う。
 6月10日時点で18件の契約済み工事が同様のICT土工を行う予定だ。
 なお、本年度に発注した工事は公告段階でICTを活用した工事であることが明記されている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野