業界記事

【CIMチャレンジ研修】 東京、新潟で3回開催

2016-06-13

 日本建設情報総合センター(JACIC)は、3次元CADソフトを活用した課題演習等を行う「CIMチャレンジ研修」を昨年度に引き続き実施する。本年度は東京都内で9月と10月に2回開催するほか、新潟県内でも11月に1回開催する。各会場の受講者数は3コース×10人の最大30人を予定。現在、研修協力企業の募集を行っており、7月下旬に選定する。研修内容は協力企業の提案内容に沿って決める。研修参加者の募集は8月上旬から開始する。
 同研修では日常業務または現場を想定した課題に対し、3次元CADソフトを活用して解決する演習の場を提供する。設計コンサルタント会社、建設会社、測量地質会社、発注機関等に所属する、CIMや3次元CADに携わる土木技術者が研修参加対象者となる。本年度の研修についてJACICでは設計変更やICT土工に対応した演習の提案に期待を寄せている。
 昨年度の研修は橋梁、交通、トンネルの3コースで行われ、約40人が受講した。地方での開催要望も多いため、今後も支援体制が整っている地方での開催を視野に入れる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野