業界記事

【直轄営繕工事】 週休2日促進で4週8休達成は7割

2019-04-18

 国土交通省官庁営繕部が直轄営繕工事で進める週休2日工事において、4週8休の達成率が約7割だったことが分かった。同部では2017年度に現場閉所を含む週休2日工事のモニタリングを実施し、18年度からは労務費補正等の試行を行う「週休2日促進工事」を通じて週休2日の導入・拡大を進めるとともに、引き続きモニタリングを行っている。対象工事のうち19年2月までに完了した23件の工事に対するアンケート調査結果によると、23件中16件で週休2日(4週8休)が達成できた。未達成7件のうち、3件では4週6休を達成している。
 週休2日を達成できた要因としては「適正な工期設定がされた」が最も多く、「受発注者間で円滑な協議が実施された」「各工事間の調整が適切に実施された」と続いた。達成できなかった要因に関しては「執務並行改修で、施工上の制約が大きい」「前工程の遅れのため」といった回答が多い。
 また自由意見では「週休2日の促進は作業員の休息のためにも良い取り組み」との意見があった一方で、「土日作業の振替として平日休むと監督員との連絡が難しくなる」との指摘も出ている。
 今後はASP(情報共有システム)などを活用した関係者間の十分な連携、執務並行改修での入居官署の理解と協力、施工条件等に応じた余裕を持った工期の確保などに留意しながら、19年度も引き続き週休2日促進工事を進める見通しだ。
 なお週休2日工事のモニタリングは17年度に8件、18年度に63件で実施しており、3月末時点の集計結果は、あらためて公表する。
 

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野