業界記事

【企業情報】 大成建設がCLT構造で国内最大級の建築空間を構築

2019-04-15

大成建設(村田誉之社長)は、神奈川県横浜市にある同社技術センターにCLT(直交集成板)構造による国内最大級の建築空間「T-WOOD Space」を構築した。また新規開発した接合部を備えたCLTパネルを組み合わせ、現地での部材間の接合作業等の省人化・省力化、短時間で組立可能な施工法を確立することで、木造架構をそのまま意匠に生かした大空間建物を実現している。 同社では、政府が進める国産木材の利用促進を背景として、住宅だけでなく事務所、教育施設、商業施設といった中・大規模建築物の木造化などが検討されていることを踏まえ、国内で供給可能な国産スギCLTパネルを用いて、柱や梁の無い軽快かつ力強いスパン9・5m×高さ9m×奥行き42mの建屋を完成させた。 意匠ではCLTパネルをそのままの状態で仕上げに採用することで、木の表情や構造形式を見せるデザインとしている。 今後、同技術を短工期や意匠性が求められる空間に適用し、木質材料の特徴を生かしたさまざまな建築物を実現させるため、積極的に提案していく考えだ。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野