業界記事

【農水省の公共事業】 入札不調対策で指名競争検討も

2019-04-03

 農林水産省は農村振興局が所管する2019年度公共事業等の適切な施行に当たり、留意事項を地方農政局へ通達した。今回、発注事務を進める段階で入札不調が想定される工事については「指名競争入札方式による実施も検討する」ことを新たに加えている。
 また適切な工期設定の関係で、工事実施に当たって建設現場における生産性の向上と長時間労働の是正や週休2日の確保などの建設業における働き方改革の推進に努めることも求めた。さらに早期発注に努めるとともに、工事着手前に技術者や資機材の確保等の準備を行うための余裕期間に加え、「準備期間を見込む」ことも盛り込んだ。
 他は例年通りの内容で、▽総合評価落札方式における提出資料の簡素化▽最新の単価を適用した予定価格の設定▽現場条件の明示徹底と適切な設計変更▽入札の競争性確保▽適切な規模での発注▽一括審査方式の活用▽概算数量発注方式の活用▽発注者間の協力体制の強化▽木材利用の促進▽中小建設業者等の受注機会の確保―などを要請した。
 なお今回の文書は、地方自治体にも参考送付している。
 

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野