業界記事

【税率改正】 4月以降契約、10月以降引き渡しは10%適用

2019-03-28

 国土交通省は10月1日からの税率改正に伴う消費税相当額に関する直轄工事・業務の取り扱いについて、地方整備局などへ通達した。4月1日以降に契約を行い、引き渡しが10月1日以降になる場合は新税率10%を適用する。契約日が4月1日以前・以後に関わらず、引き渡し日が10月1日以前の場合は税率8%を適用。4月1日前に契約し、10月1日以降に引き渡す場合は経過措置として、8%の特例が適用される。
 また4月1日以前に契約した引き渡し予定日が10月1日以降の案件で、4月1日以降に行われる設計変更に伴い請負代金等が増額になる場合は、増額分のみ税率10%が適用される。
 4月1日以降に契約し、10月1日以前に引き渡す予定の案件が、遅延によって引き渡し日が10月1日以降になる場合は、全額に対して10%の税率を適用する。
 他にも税率10%が適用される4月1日以降契約、10月1日以降引き渡しの案件で、10月1日前までの前金払・部分払については税率8%で支払い、差額は10月1日以降の部分払または完成時に支払いを行う。
 今回の特例・経過措置の内容は受注者等にも周知を図っていく。
 

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野