業界記事

【整備新幹線】 19年度国費は37億円増の792億円に

2018-12-18

 国土交通省は2019年度当初予算における整備新幹線関連予算の公共事業関係費(国費)に792億円を計上する見通しだ。15年度から18年度までは毎年755億円の国費を計上していたが、19年度は37億円を増額する。北陸新幹線(金沢・敦賀間)および九州新幹線(武雄温泉・長崎間)整備に当たり、労務単価の上昇など建設費増加により追加的に必要となる3451億円分の財源見通しが、18日の与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームで了承されたもの。追加費用のうち、前倒し活用による貸付料財源で1729億円、国負担(国費)、地方負担または、さらなる貸付料財源の活用で744億円、国負担(既設新幹線譲渡収入)で652億円、国負担(同)に伴う地方負担で326億円を確保する。  19年度予算における建設費増加への対応については、前倒し活用による貸付料財源で432億円、国負担で200億円(国費37億円、既設新幹線譲渡収入163億円)、国負担に伴う地方負担で101億円を手当する。  15年1月の政府・与党申し合わせでは北陸新幹線は22年度末、九州新幹線は22年度から可能な限り前倒しを幹線・開業目標時期としており、確実な実現に向けて追加的な財源確保が必要となっていた。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野