業界記事

【品川駅西口】 駅前広場で次世代型交通ターミナル実現へ

2018-09-14

 国土交通省は国道15号・品川駅西口駅前広場における次世代型交通ターミナルの整備を含む事業計画の中間とりまとめを策定した。同駅前広場については昨年2月に道路上空を活用した未来型の駅前空間に関する整備方針をまとめ、有識者や民間事業協力者である京急電鉄、西武プロパティーズ、JR東日本などと事業計画を検討してきた。今後は産学官連携による検討会を設立し、年度内に計画を策定する。  中間とりまとめでは、民間の開発計画と連携した交通と防災を融合させた複合ターミナルの配置や連携の拠点となるシンボリックなセンターコア、防災拠点としても活用する広場空間、商業施設の配置、利便性の高い路線バス乗降場、北品川方面への溜まり空間の配置、「品川新駅(仮称)」方面への歩行空間などの整備を盛り込んだ。タクシー、ツアー系高速バス、自動運転車などの乗降場を集約した次世代モビリティターミナルを配置することで、「世界の人々が集い交わる未来型の駅前空間」を目指す。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野