業界記事

《連載⑫》 【地域のインフラメンテナンス】「地域建設業が受注しやすい環境へ」

2018-08-29

=前回から続く=農林水産省農村振興局次長の室本隆司氏は、自然力による農地や農業水利施設の大規模被害に触れ、「ため池の決壊や被災から数日後の崩壊など、地域に多大な影響を与える災害が多い」と指摘。災害復旧は市町村による発注が多いため、「できるだけロットを大きくし、地域建設業が受注しやすい環境を整えつつある」とした。  中山間の水田整備でドローンやレーザースキャナ、ICT建機を活用して工期を2割短縮する事例や、農業分野でICTを活用して生産コストの4割カットを目指す大手メーカーの動きなども紹介。「建設業の人手

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野