業界記事

【生産性向上】 民間にも拡大し「i-Construction大賞」を募集

2018-07-20

 国土交通省は建設現場の生産性向上につながる優れた取り組みを表彰する「i-Construction大賞」について、本年度は対象を国交省以外の発注機関の工事や民間企業の取り組みなどに拡大し、20日から募集を開始した。期限は9月28日まで。  募集対象は建設分野の生産性向上において優れた実績を上げた取り組みで、①各発注機関から受注した工事・業務で2017年度に実施した取り組み(元請け、下請け問わず)②その他、17年度に各団体が独自に実施した取り組み。国交省や地方自治体などから受注した元請け企業の取り組みは別途、発注者からの推薦を募るため、今回の募集対象にはならない。応募要件はi-Construction推進コンソーシアムの会員で、各会員1件まで。  国交省では現在、整備局に対し候補案件の推薦を求めている。17年度に完成した国交省所管事業の工事・業務のほか、各ブロック発注者協議会等に参画する発注機関による発注工事・業務も対象とする。推薦要件としてはi-Constructionに係る優れた取り組みとして発注機関からの表彰等を受けていることや、案件の推薦に関して受注者の承諾を得ていること。推薦件数は工事・業務全体で地方自治体等の分を含め各局最大5件とする。  なお初の表彰となった昨年度は12団体が対象となり、うち砂子組(北海道)とカナツ技建工業(島根県)が国土交通大臣賞に輝いた。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野