業界記事

【建設投資見通し】 18年度は57兆円を突破

2018-06-29

 国土交通省は29日、2018年度における出来高ベースの投資額を推計した建設投資の見通しを公表した。政府・民間あわせた投資額は前年度比2・1%増の57兆1700億円で、3年連続で増加となった。政府投資、民間投資がともに好調で、約57円だった02年度を上回る高い水準となる。  政府投資は23兆600億円で、前年度比0・1%増と横ばいだが、民間投資は34兆1100億円で同3・4%増となった。民間投資のうち、住宅建築投資は16兆3400億円で同2・2%増、非住宅建設投資は17兆7700億円で同4・6%増となり、いずれも好調な投資を見込んでいる。  なお、この建設投資見通しには建築物のリフォーム・リニューアル工事は含まれておらず、同工事を加えた建設投資は69兆2400億円と推計している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野