業界記事

【17年度建設業倒産】 過去30年で最少の1548件に/東京商工リサーチ

2018-04-09

 東京商工リサーチは9日、2017年度の建設業倒産状況を公表した。負債額1000万円以上の企業倒産件数は1548件で前年度比約2・1%減。9年連続で減少し、過去30年で最少の件数だった。また負債総額は1536億8300万円で同約7・0%減。4年連続で前年を下回った。  業種別では、中分類で総合工事業726件(前年度比5・8%減)、職別工事業500件(同2・6%増)、設備工事業322件(同0・3%減)。小分類では最多が建築工事業の259件(同6・8%減)で、以下は土木工事業244件、管工事業135件、木造建築工事業127件、床・内装工事業116件の順。  原因別では、受注不振(販売不振)が941件(同3・2%減)で最も多く、全体の約6割を占めた。次が既往のシワ寄せ(赤字累積)の343件。資本金別では1000万円以上5000万円未満が496件で最多。負債額別では10億円以上の大型倒産は15件(前年は14件)にとどまった。従業員数別では最多が5人未満の1087件だった。  なお、18年3月の建設業倒産状況は、企業倒産件数が157件で前年度比8・2%増。4カ月ぶりに前年同月を上回り、150件を超えたのは2年5カ月ぶり。負債総額は171億3500万円(同40・9%増)で4カ月ぶりの増加だった。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野