業界記事

【軽仮設リース】 前年同期割れの60・1%/1月度全体稼動率

2018-03-08

 軽仮設リース業協会がまとめた2018年1月度の主要品目における軽仮設機材稼働率(50社)によると、全体稼働率は前月に比べ比0・3ポイント低下し、60・1%だった。  品目別では「丸角部材」「長尺足場材」「養正部材」は引き続き65%を超える堅調な稼働率となったものの、年度末で完了する現場の増加に伴い、「枠組足場」が50・8%と低い稼働率になった。  稼働率の低下に伴い、売上高も前月に比べて27億4600万円減の176億9200万円となり、4カ月ぶりの前年割れとなった。  全体的に見ても例年より稼働低下時期が早まっており、今後は年度末に向けて緩やかに稼働率が低下していくとみており、全体稼働率が60%を下回ることも予想されるとしている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野