業界記事

〈耳寄り〉 〝驚くべき〟低コスト管路更生工法をベトナムに

2017-11-08

 国土交通省が本年度に創設した下水道技術海外実証事業(WOW TO JAPANプロジェクト)の第1号実証技術に「異形管用自立非開削下水道管路更生工法」が決定した。今後、ベトナム・ホーチミン市で既設管路を活用した実証試験を支援するとともに日本の〝驚くべき〟下水道技術の普及に取り組む考え。  実証技術の特徴は、管路更生資材にスチールの補強材を取り付け、従来工法の補強鉄筋を省略することで施工性を向上させ、低コスト化の実現を図る。  実証事業の実施者は、積水化学工業と日本下水道事業団で構成する共同企業体。既設の馬蹄形管路を1スパン(40m弱)更生し、施工後の補強材からサンプルを抽出、強度試験を行って、構造物の安定性を実証するほか、本年度内に現地見学会や技術セミナーを開くなど、普及活動を進める。       ◇   ◆   ◇  WOW TO JAPANとは、Wonder Of Wastewater Technology Of JAPAN(驚くべき日本の下水道技術)の略称。下水道を含む水インフラの海外展開が日本の成長戦略に位置付けられていることから、国交省でも積極的な取り組みを進めている。世界から見れば、まだまだ日本が持つ〝驚くべき〟建設技術は多いはず。中小企業も含めて〝驚くべき〟という観点から日本の優れた技術を世界に広める仕組みが、今後は、より一層重要になるだろう。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野