業界記事

【関東整備局】 ICT活用や週休2日の優遇措置を積極発信

2017-10-05

 関東地方整備局は2017年度の公共事業労務費調査から週休2日を勘案、公共工事設計労務単価に反映させるほか、ICT活用工事や週休2日の実施による優遇措置を積極的に発信していく考えだ。9月29日に開いた関東建設青年会議(真下敏明会長)との意見交換会で明らかにした。  意見交換は青年会議の建設産業向上委員会と建設産業情報発信委員会の活動に絡めて行われた。ICT活用工事における管理基準値の緩和を求める意見に対して、整備局は従来の出来形管理基準や規格値を置き換えて運用しているとした上で、UAVのラップ率緩和など改善を図っていると説明。今後のさらなる意見を求めた。  また、週休2日推進に伴う日給作業員の減収の懸念を受け、17年度労務費調査から週休2日を勘案して労務単価を設定する方針を表明し、調査への協力を要請した。  建設企業による建設機械の保有は地域の防災に寄与すると考えており、経営事項審査において高く評価する取り組みを進めていると述べた。  国土のグランドデザイン2050について、おおむね30年後を見据えた国土づくりの理念や考え方を示すものとなっているなどと解説。青年会議側は今後の具体的な説明を希望した。  東川直正企画部長は「ICT土工は人員を削減し、労働者の休みを増やし、同じ工期で同じものをつくり、給料を同等もしくは増加させることを目指している。まずは、実験的な取り組みに要した費用を調べ、反映させていくことになる」との見解を示した。  さらに、ICT建機の購入などに関して「今後どのくらいICT活用工事を実施するのか、ICT活用工事や週休2日の実施によってどのような優遇措置が受けられるかなどの情報を積極的に発信していく」との方針を示した。  加えて「グランドデザイン2050は、各都市が連携することがこれからの日本のあるべき姿ではないかという思想が入っている」と説いた。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野