業界記事

【賃金確保】 全建総連が賃上げで集会

2016-02-10

 全国建設労働組合総連合(全建総連)東京都連合会は10日、「このままじゃ建設技能者がいなくなる!他産業並みの賃金確保・社保加入で後継者を育てよう2・10大集会」を日比谷公園野外大音楽堂で開き、多数の組合員らが駆けつけ、賃金確保への決意を新たにした。  全建総連東京都連は、組合員1万8836人を対象に賃金アンケートを実施し、その結果、常用の職人の1日の賃金は平均で1万6044円で、2012年比で3・61%の上昇にとどまっていることが分かった。  東京都連は「この3年間で公共工事設計労務単価は、28・5%引上げられている。単価引き上げから、賃金も上昇傾向に転じたが、単価の上昇率を考えればもっと上がっていなければいけない。消費税率の引き上げを考慮すると、ほぼ変わっていないのが現状」と問題視しており、今回の大会でもさらなる賃上げが必要であることを訴えた。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野