業界記事

【施工管理技術検定】 建築の2級学科受験予定者が過去最多に

2017-08-22

 本年度から始まった2級建築施工管理技術検定学科試験の年2回化に伴う、2回目の試験が11月12日に行われる。速報値によると、2級の「学科のみ」で、かつ種別が「建築」の試験の受験予定者は約8200人となり、6月に実施した1回目と合わせると過去最多の延べ約1万1600人となることが分かった。前年度比で1・46倍の数字となっている。  また、実地試験も含めた2級試験全体の受験予定者も増加し、1回目と2回目の合計が延べ約2万2700人となった。前年度比は1・11倍。昨年度に引き続き2万人を超え、制度を導入した1983年度に次ぐ過去2番目の人数となる。  学科試験の年2回化では、1回目の合格者は2回目を受験しないため、受験者数の減少も懸念されていたが、結果として受験しようとする人数が増えていることから、新たな制度が受験者数の裾野拡大につながっているようだ。今後は合格者数の増加が期待される。  なお、建設業振興基金が実施機関となる本年度1回目の試験では2935人が受験し、1247人が合格、合格率は42・5%だった。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野