業界記事

【建災防】 ICT活用で労働災害減少へ/検討委が初会合

2017-06-23

 建設業労働災害防止協会(建災防)は、ICTを活用した労働災害対策の在り方に関する検討委員会を設置、22日に初会合を開いた。委員長には立命館大学理工学部教授の建山和由氏が就任、委員は学識者や業界関係者で構成。さまざまな課題に関する調査はワーキンググループ(WG)が担当し、2018年3月に検討結果を取りまとめる。  会合に先立ち、建山委員長は「安全性の向上に関し、ICT施工の取り組みを積極的に誘導できるような議論の場にしたい」と委員会の役割を求めた。  検討委では、ICT技術を活用することにより、これまでにない新たな労働災害が懸念されるとし、「建設現場の労働災害防止に資するICTを活用した事例の収集方法」「収集した情報の整理および活用方法」「新たな危険状況への対応方法の方向性」について意見交換が行われた。  また、従来の労働災害防止活動に加え、ICTにおける無人化・省人化、人・行動センシング、機械センシング、その他能力支援の有効性や課題をまとめ、懸念される新たな労働災害への対応策を探る。  2回目以降はWGで効果的な労働災害の減少、生産性向上、快適な職場環境の実現を目指す。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野