業界記事

【石井国交相】 新大宮上尾道路など視察「事業の重要性を実感」

2017-06-13

 石井啓一国土交通大臣は12日、国道17号上尾道路Ⅱ期終点部と同新大宮上尾道路(仮称)上尾南インターチェンジ(IC)計画地付近を視察した。事業の進捗状況などを確認し「いずれも埼玉県中央地域の渋滞解消や東京都心へのアクセス向上に重要な道路であるとあらためて実感した」と感想を述べた。  上尾道路Ⅱ期は北本市石戸宿から鴻巣市箕田までの9・1kmで計画され、2015年度に箕田地内のJR高崎線立体交差部に関する箇所の用地買収へ着手した。17年度は買収を進めるほか、調査設計と環境整備工を推進する。視察は箕田の終点付近で実施。現地状況を確認しながら、事業の進捗状況などについて説明を受けた。  新大宮上尾道路は新大宮バイパスと上尾道路の上部に全線高架構造の自動車専用道路として計画されている。与野ジャンクションから上尾南ICまでの8kmは16年4月に事業化。首都高速道路による有料道路事業として進めることを決定しており、17年度は調査設計に取り掛かる予定となっている。視察は上尾南IC計画地周辺が見渡せる堤崎輝きの橋歩道橋の上で行った。今後の展開については「ある程度、用地買収が進んだ段階でないと目標が出せない。引き続き事業進捗に努める」と語った。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野