業界記事

【技術セミナー】 新技術への対応は死活問題/全国地域活性化支援機構

2017-06-02

 全国地域活性化支援機構(横田耕治理事長)は5月31日、都内で本年度第1回目となる技術セミナーを開催した。今回はi-Construction(アイ・コンストラクション)に対応した測量設計技術と地場企業の役割をテーマに、約50人の参加者が測量・設計データの3次元化やドローンの利活用などについて学んだ。  開催に当たり、主催者を代表して横田理事長が「一挙に本格化してきたアイ・コンストラクションに対応できない地場企業は死活問題になる。本日のセミナーは国の動向、施策に対応した測量・設計技術を中心に学んでいただき、今後の皆さまの事業の一助になることを祈念する」と、あいさつした。  当日は、アジア航測i-Construction推進室の渡辺智晴室長と同橋爪卓課長が、それぞれICT活用を利用した測量技術の動向、3次元空間情報技術について解説したほか、日本航空教育協会の水野宏一専務理事がドローンの利活用や講座の内容を説明。ソフトメーカーの建設システム営業部支援課の榊原平八主任がアイ・コンストラクションに対応した3次元計測データ・出来型データの作成を分かりやすく解説した。  6月から同機構と連携して測量に特化したドローン講座を開講する同協会の水野専務は、「ドローンの機能も急激に進歩しており、測量以外にもさまざまな利用が検討・実現化されている。新たなビジネスチャンスが開ける可能性があるので、ぜひ検討していただきたい」と、呼び掛けた。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野