業界記事

【人事】 東京地下鉄の新社長に山村明義氏

2017-05-31

 東京地下鉄の会長・社長予定者の人事が30日の閣議で口頭了解された。
 代表取締役会長の安富正文氏は再任となり、新しい代表取締役社長には専務取締役の山村明義(やまむら・あきよし)氏が昇任する。6月29日の株主総会および取締役会での決定を経て、国土交通大臣が認可する。
 山村氏は1980年東北大学工学部卒、帝都高速度交通営団入団。東京地下鉄人事部次長、鉄道本部鉄道統括部長、取締役、常務取締役を歴任し、2015年6月から現職。58年3月生まれ。59歳。
 また、成田国際空港の夏目誠社長および新関西国際空港の春田謙社長は、ともに再任となる。

一覧へ戻る