業界記事

〈こぼれ話〉 ドローンは凶器にもなる

2017-03-09

 建設現場でドローンが活躍する機会が増えている。回転する4つのプロペラを使って自由に飛行するドローンだが、プロペラ自体は凶器にもなり得る。UAV技能者育成を手掛ける関係者は「ドローンのプロペラは草刈機の歯と一緒。触れば大怪我につながる」と指摘する。しかし現在行われている講習の中にはドローンを素手で触ることを問題視しないものもあるといい、「あり得ないことを平然とやらせている」と警鐘を鳴らす。  3次元測量やICT土工に伴う3次元起工測量、災害調査など、建設に関連する作業では今後ますますドローンの活躍が期待されるが、ドローン操作で怪我人が出た場合は労働災害となる。操作をする際には、くれぐれも労働安全衛生の順守を忘れてはならないだろう。〈K〉

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野