業界記事

【ICT導入】 17年度からICT舗装工へ拡大

2017-03-07

 国土交通省はi-Constructionの先行施策として進めるICT土工に続いて工種を拡大するため、2017年度からICT舗装工に取り組む。第1段階としてMC(マシンコントロール)グレーダ導入による路盤工や舗装工事とともに、レーザースキャナを用いた出来形面管理を行い、維持管理水準の向上を見据えた点群データの蓄積を図る。  ICT舗装工では、まずレーザースキャナ等の事前測量による3次元測量を実施。3次元設計データと事前測量結果の差分から施工量を自動算出し、ICTグレーダなどによる施工を行う。レーザースキャナ等の計測結果を活用した検査により出来形の書類を半減させる省力化につなげる。  当面は新設舗装工事を対象とし、ICT土工と同様に3方式で発注する。1万㎡以上の路盤工を含む本官発注は「発注者指定型」、1万㎡以上の路盤工を含む分任官発注は「施工者希望Ⅰ型」、1万㎡未満の路盤工を含む分任官発注は「施工者希望Ⅱ型」とし、詳細は工事内容や地域の実情を考慮して整備局ごとに決める。新たな積算基準はICT土工と同様に従来施工の1・1倍程度を想定する。  実施に当たっては舗装工の生産性向上を図る上で必要な10の技術基準類を新設・改定する。  第2段階ではICTローラによる締固め管理(路盤工)としてセンサーによる地盤反力測定を行い、密度確認など品質管理に要する時間の短縮を図る。供用後検査でICTを導入するとともに、検査基準に面管理を導入することで長期性能の面管理につなげる。施工面ではMCフィニッシャー、MC切削機等の導入によるアスファルト舗装工・切削オーバーレイなどの拡大を検討していく。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野