業界記事

〈こぼれ話〉 技術士称号も地位向上を

2017-02-17

 15日に開かれた建設コンサルタンツ協会の会見で、ある幹部は他の専門職との賃金比較について「技術士は高等学校教員より低い」と嘆いた。技術者賃金の現状について触れたもので、過去10年間の技術士平均年収約600万円に対し、高等学校教員は650万円~750万円で推移しているという。  技術士法に基づく国家資格は国内最高峰の技術系資格といわれる。先の幹部は「難関を突破して取得した技術士という称号の地位が低くなった」とポツリ。技術者単価の引き上げとともに士(サムライ)業の地位向上も難関が続く。〈E〉

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野