業界記事

平成13年度予算と事業実施計画を決定-13年度事業費は4億8千万余

2001-03-21

 県農業開発公社は19日に理事会を開き、平成13年度予算と事業実施計画を決めた。
 事業実施地区は16地区で前年度より2地区減。事業費の合計は4億8、244万円で対前年度比29%減となった。この大幅減は、畜産基盤再編総合整備事業松本平南部地区を完了したため。
 新規地区は公社営農地集積条件整備事業などいずれも単年度事業。
 継続2年目の木曽地区草地林地一体的利用総合整備事業(木曽郡11町村のうち楢川村を除く10町村内77・7haが対象、総事業費6億7、872万円余で草地整備のほか、堆肥舎等のハコ物46棟を建設)は、事業費1億5、478万円で、12・5haの造成と堆肥舎等17棟を建設する予定だ。
 この他、14年度以降の事業実施に向け、東部町袮津御堂地区と真田町菅平西組で行う現地調査費も計上した。
 13年度事業計画は次の通り。掲載は、▽地区名(市町村名)=①13年度事業量(事業費)②14年度以降事業量(残事業費)※単年度施行、13年度完了事業は省略(▼は新規地区、金額の単位千円)
【畜産基盤再編総合整備】
 ▽松本平北部(大町市他4町村)=①草地整備6・02ha、堆肥舎・畜舎3棟(226、094)②13年度完了予定
【公共育成牧場整備】
 ▽富ケ原(信濃町)=①草地整備A2ha(4、040)②草地整備A6ha(12、120)
 ▽入笠(高遠町)=①道路整備L1、345m(45、014)②草地整備A5ha、道路整備L2、455m(101、436)
【草地林地一体的利用総合整備】
 ▽木曽(木曽福島町他9町村)=①草地整備A12・56ha、堆肥舎・畜舎17棟(154、780)②草地整備A62・59ha、堆肥舎・畜舎22棟(411、446)
【公社営中山間農地集積条件整備】
▼横沢(真田町)=①道路L120m(4、000)
▼四泊(長門町)=①道路L200m(3、000)
▼生坂(生坂村)=①農地整備A1ha(10、000)
▼箕作(栄村)=①農地整備A2・2ha(13、000)
▼内山村上(木島平村)=①農地整備A0・3ha(10、000)
 ※この他に計画策定費2、100
【基盤整備促進】
 ▽志久見内池(栄村)=①造成A8・1ha(38、718)②道路整備、換地(28、940)
【県単中山間地域活性化基盤整備】
▼東部(東部町)=①ほ場整備A3ha(5、000)
▼立沢(富士見町)=①ほ場整備A5ha(5、000)
▼高井紫(高山村)=①ほ場整備A1ha(5、000)
【公社単独受託事業】
▼一の原(望月町)=①換地A3ha(1、000)
▼管内一円=①-(5、000)
【その他事業(受託)】
▼祢津御堂(東部町)=①現地調査A26ha(20、000)
▼菅平西組(真田町)=①現地調査A5ha(5、000)

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野