業界記事

平成13年度当初予算案を公表、一般会計予算額は66億8,300万円-対前年度当初比2・6%増

2001-03-21

 北蒲原郡水原町はこのほど、平成13年度当初予算案を明らかにした。一般会計ベースでの予算額は66億8,300万円と、対前年度当初比2・6%増となっている。主要事業として、体育館建設事業、福祉の歩行ネットワーク整備事業などを盛り込んでいる。
 主要事業及びその予算額をみると、まず都市基盤整備関係では、阿賀野川水辺
プラザ整備事業に1,000万円を新規計上した。分田8地先の阿賀野川堤外地を利用し、河川広場の利活用を考えた環境整備を行う。国土交通省が整備に先立ち、基盤造成工事を行う。排水路整備事業に1,000万円を予算化。天神堂村中排水路整備を実施する。その他、町道舗装整備事業に1億2,400万円、町道改良整備事業に1,500万円、道路側溝整備事業に1,050万円、基盤整備促進農道整備事業に3,088万円、広域基幹林道整備事業に1,902万円、消雪パイプ整備事業に6,000万円、交通安全施設等整備事業に500万円を計上した。また、地方特定道路整備事業には2,500万円を新規計上した。国道49号と460号とを連絡する町道を整備するもので、L600m・W8・5m、歩道3・5mを確保する。
 教育・文化関係では、小・中学校教育用コンピュータ整備事業に2,625万円を予算化。体育館建設事業には2億1,000万円を新規計上した。規模はS造平家建て延べ1,000~1,500㎡。グラウンドには人工芝を張り、悪天候時も屋外スポーツができるようにする。設計は山下設計が担当。
 観光・産業関係では、県農林水産業総合振興事業に1,510万円を新規計上した。林業生産活動の活性化を促進するための施設を整備する。5頭しいたけ生産組合への補助。
 福祉関係では、福祉の歩行ネットワーク整備事業には7,000万円を計上した。役場、水原小学校、水原郷病院裏、デイサービスセンターを結ぶ歩道網の整備に充てる。L2,110m・W3・5m。
 特別会計の下水道事業には6億815万円を予算化。流域関連公共下水道第2期事業認可187haの整備を行う。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野