業界記事

茨城県森林・林業振興ビジョンを策定

2001-03-21

 県農林水産部は、「茨城県森林・林業振興ビジョン」を策定、その概要を公表した。21世紀初頭(2020年頃)の本県森林・林業・木材産業のあるべき姿を展望し、その実現に向け平成13年度を初年度とする今後5か年間の具体的施策を示した。ビジョンでは、森林の多様な機能発揮に対する県民の要請に応えるためには森林・林業・木材産業の発展が必要とする基本理念に沿い、機能豊かな森林の育成や適正な森林管理による県土の保全など5つを柱とした基本方向を打ち出し各施策を展開。このうち早急に解決しなければならない重要課題については、重点プロジェクトを設け施策の重点化、効率化を図る。
 本県の森林・林業・木材産業を巡る情勢は、木材価格の低迷等による採算性の悪化や山村地域の過疎化の進行による林業従事者の減少・高齢化など厳しい状況に置かれており、手入れの行き届かない森林が増加するとともに山村地域の活力も低下している。
 一方、森林に対する県民の期待も高まってきており国土の保全、水源の涵養などの公益的機能の発揮に加え、地球温暖化の防止、生物多様性の保全、保健・文化・教育的な利用など多面的な機能の発揮が求めれている。
 このため同ビジョンでは、県民の理解と参画を進め、森林の生態的な健全性を確保し、森林の持つ多様な機能を総合的かつ高度に発揮させるとともに、循環型社会の構築や持続可能な森林経営の推進に取り組むための林政推進の基本指針として策定したもの。
 具体的には、▽林業・山村の活性化と林業生産活動を通じて森林を適切に整備し、多面的な機能を発揮できる健全な森林の育成▽需要サイドの変化に的確に対応して国産材を安定的に供給することにより需要拡大を図るとともに生産から加工・流通までの各段階でコストの削減を進めるなどによる木材の積極的な利用の推進▽県民ニーズにあった森林整備の推進と都市住民の森林体験学習の場、森林整備ボランティア活動の場など、都市と森林・林業を結ぶ場の提供-の基本理念を実現するため、①機能豊かな森林の育成②林業・山村の活性化と多様な担い手の育成・確保③消費者ニーズに応える木材製品の安定供給と低コスト化の推進④みどりの創出と活用⑤適正な森林管理による県土の保全-の5つの基本方向を打ち出し施策を展開する。
 このうち①機能豊かな森林の育成では、▽計画的な森林管理の推進▽多様で質の高い森林の育成-を図る。
 ②林業・山村の活性化と多様な担い手の育成・確保では、▽流域林業の展開と山村振興▽林道・作業道の整備▽林業従事者の育成確保と高性能林業機械の導入促進▽林業事業体の体制整備と育成強化▽特用林産物の生産振興▽林業経営の活性化と新技術の開発・普及を推進。
 ③消費者ニーズに応える木材製品の安定供給と低コスト化の推進は、▽木材利用の普及啓発を通じた需要の拡大▽消費者ニーズに応じた製品供給の促進▽木材産業の経営基盤と体質の強化を盛り込んだ。
 ④みどりの創出と活用は、▽地域と一体となった平地林の保全▽緑化意識の普及・啓発活動の充実と緑化基金の活用。
 ⑤適正な森林管理による県土の保全では、▽保安林の適正配置と機能の向上▽効果的な治山事業の推進▽水土保全機能を高める森林整備の推進-を展開していく。
 このなかで、早急に解決しなければならない重要課題については、重点プロジェクトを設け、その中で施策の重点化、効率化を図っていく方針だ。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野