業界記事

13年度当初予算案を公表、一般会計総額は127億7、000万円

2001-03-19

 大井町(島田行雄町長)は、13年度当初予算案を公表した。一般会計の総額は、127億7、000万円で対前年度比12・7%の増額と積極型予算編成となった。このうち普通建設事業費は、29億2、958万4、000円。メーン事業となる西原小学校大規模改造および耐震補強工事には4億8、000万円を計上。このほか下水道事業では、江川流域雨水1号幹線築造事業(2工区)に総額4億845万円の2か年継続費を設定した。
 西原小学校(武蔵野1322)の大規模改造および耐震補強工事は、普通教室棟を対象に実施。校舎規模は、RC造4階建て延べ床面積3、081㎡。内外壁改装や床の張り替え、設備改修のほか鉄骨ブレースやスリットによる耐震補強を予定している。設計は高岡建築設計事務所(浦和市)が担当した。
 工事関連は、大井小ほか3校にコンピューター教室を設置する小学校施設整備改修など工事費に1億505万円、防災行政無線更新工事費8、479万4、000円、総合福祉センター歩行空間整備工事費1、100万円など。委託関連は、生涯学習計画策定、男女共同参画計画策定、行財政改革計画策定、エンゼルプラン策定、福岡江川緑道整備実施設計など。
 主な特別会計は、江川流域雨水1号幹線築造事業(2工区)に総額4億845万円の2か年継続費を設定した下水道事業が11億4、444万3、000円で対前年度比5・8%の増額。年度割は、13年度8、820万円、14年度3億2、025万円。水道事業は、11億114万円で同0・2%の減額となっている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野