業界記事

藤沢荒川沖線のバイパス整備、桜川に新桜川橋を架橋

2001-03-16

 県土木部道路建設課は、国道125号からつくばヘリポートを結び、つくばエクスプレス沿線開発の中根・金田台地区につなぐ県道・藤沢荒川沖線のバイパス整備で、桜川に「新桜川橋」を架橋する計画だ。
 バイパスルートは国道125号から、つくばエクスプレス(常磐新線)建設に伴う沿線開発を予定する中根・金田台地区までを結ぶ約1・5kmで計画された。
 平成8年度に事業に着手。道路部では一部改良工事を実施。橋梁部については詳細設計等を終え、現在は用地買収を進めている。
 橋梁タイプはPC6径間連続箱桁。橋長は約290m。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野