業界記事

13年度当初予算を公表、一般会計は35億6、200万円-桜川保育所建替に3・2億円計上

2001-03-16

 稲敷郡桜川村(飯田稔村長)の新年度当初予算が明らかになった。一般会計は35億6、200万円で、前年度対比14・2%の伸び。特に工事関係費について、桜川保育所の建て替えで3億2、560万5、000円や、道路新設改良で古渡橋の架換について8、000万円を計上したことが比例し、普通建設事業も6億2、000万円で、前年度対比119%の高い伸びを示した。
 桜川保育所の建て替えでは、すでに補助の関係資料について、(有)大野建築設計事務所(土浦市)でまとめている。今予算では実施設計費に1、120万円、土地購入費に3、100万円を計上。工事費について2億6、280万円のうち造成費に11、200万円、建設費に2億590万円を予算化した。
 今後、4月から造成工事の発注準備に入るとともに実施設計をまとめる。本体工事の発注は6月の予定。単年施工で建設し、14年4月に開所する。
 予定地は、現在地の裏手にある畑地、約2、700㎡で、建物については構造がW造平家建て、延べ床面積が771㎡で計画。0歳児から5歳児までの部屋を分け、給食室、事務室、遊戯室等を配する。定員は70人。
 現在、土地の地盤沈下が激しく建物も築後20年が経過し傾いているため、建て替えが急務的な課題だった。
 道路新設改良では、1億1、900万円のうち、古渡橋架換費に8、000万円、ふるさと農道緊急整備費に3、900万円を計上した。
 このうち古渡橋の架け換えについては、橋長が133m、幅員が6・75mで13年度から16年度までの4か年で計画されている。総事業費は6億1、500万円。
 村道2-10号線上の小野川に架かる橋で、江戸崎町との境界に位置することから、江戸崎町でも負担金を計上する。
 一方、特別会計では公共下水道事業が8億5、497万4、000円で、前年度対比0・7%の微増だが、農業集落排水事業では5億246万4、000円で、前年度対比24・2%の伸びを示した。
 水道事業会計は、資本的支出が6、971万5、000円で、うち建設改良費に4、309万円を計上している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野