業界記事

PCB使用照明器具約1万5、000台を交換-近く発注へ

2001-03-13

 県土木部営繕課は、12年度最終補正で追加計上したPCB使用照明器具改修工事を近く発注する予定で、人体への影響の大きいPCBを使用した照明器具1万5、000台弱を交換する。
 東京都八王子の小学校で起きた事故では、照明器具が破裂した際に、安定器の中のコンデンサーに入っていたPCBが誤って外部に漏れ、人体に付着してしまう惨事を招いた。
 こうした事故を未然に防ぐため、PCB使用の照明器具を交換することが閣議了解事項として決まり、地方公共団体への指導が行われた。文部科学省では昨年11月に全国都道府県に通知した。
 県が所有している施設のうち交換の対象となるのは、知事部局所管が69施設で7、408台、学校が高校49校、特殊学校3校の計52校で7、493台となっている。
 開会中の平成13年第1回定例会に追加提案された今年度最終補正では、PCB使用照明器具改修費として4億1、200万円が計上されている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野