業界記事

調布市13年度当初予算は一般会計619億5000万円、下石原市営住宅建設に設計費計上

2001-03-09

 調布市は13年度当初予算として、一般会計に619億5、000万円を計上した。前年度比は5・8%減。普通建設事業費は同比64・5%減の31億3、350万円を設定している。(仮称)下石原市営住宅建設事業では設計費を計上。深大寺小、滝坂小では耐震事業を計画、調査委託費を盛り込んだ。
 特別会計は、下水道事業が前年度比1・3%減の43億7、897万円を計上。受託水道事業は同比10・9%増の31億7、439万円。
 新ごみ処理施設建設計画では基本計画策定費を計上、三鷹市とともに進めていく。調布駅南北の再開発については、事業化促進に予算を投入した。
【新ごみ処理施設整備】基本計画策定に228万円を計上した。三鷹市と共同で進めている事業で、基本計画策定完了は14年度になる見通し。15~17年度に都市計画の手続きを済ませ、18年度までに施設の発注、契約を行なう。工事は18~21年度の3か年を予定している。21年度供用開始。建設地は調布市7-50-30、ふじみ衛生組合敷地内を考えている。施設規模については現段階では未定、処理能力は日量300tを想定している。
【(仮称)下石原市営住宅整備】設計に1、485万円を計上。また取付道路の設計に302万円、道路築造工事に2、835万円を盛り込んだ。住宅は15年度の建設を予定している。
【ふれあいの家】飛田給ふれあいの家改築に4、200万円を計上した。改築に伴う実施設計はアド構造設計(調布市0424・80・6899)が今年度担当した。
【ふれあい給食】緑ケ丘小の余裕教室を活用。ふれあい給食を実施するための整備を行なう。事業費3、000万円を計上。
【深大寺保育園改築】地盤調査に2、600万円を、測量に50万円を、実施設計に1.260万円を計上した。
【道路整備】市道東87ー8号線など道路新設改良に2億円。主要市道7号線など舗装改良には1億2、000万円。狭あい道路整備100件には7、670万円を計上した。
【道路照明】自発光式交差点鋲を23か所に設置。321万円を設定した。また道路照明の新設及び改良100か所には1、092万円を計上している。
【自転車保管場所整備】つつじケ丘地区及び上石原地区で、自転車保管場所の整備を計画している。1、941万円を計上。
【調布駅南第一地区市街地再開発】事業化促進委託費として1、020万円を設定。13年度都市計画決定、14年度組合設立を目指している。
【調布駅北第一地区市街地再開発】事業化促進委託費880万円を計上した。13年度の準備組合設立、14年度の都市計画決定を目指している。
【公園整備】旧保健センター用地の公園整備(1、309㎡)に329万円を計上。とりで公園の改修工事(1、677㎡)には4、096万円を盛り込んでいる。
【計画策定】調布駅周辺地区整備計画策定に770万円を投入。飛田給都市計画道路沿道整備計画策定には590万円を、仙川駅周辺地区整備計画策定には450万円を計上した。ほか布田駅北地区まちづくり意向醸成調査に225万円を盛り込んでいる。
【小学校整備】深大寺小、滝坂小の校舎・体育館耐震調査にそれぞれ525万円を計上。北ノ台小体育館照明設備設置、同小校舎外壁等補修、若葉小受変電設備改修にはそれぞれ2、100万円を計上。飛田給小給食室改修は1億2、600万円を設定。
【中学校整備】神代中・第四中校庭補修、調布中体育館屋根補修、同中第二音楽室空調整備にはそれぞれ2、100万円。神代中体育館外壁改修には1、827万円を盛り込んだ。
【旧大町小跡整備】活用のための調査300万円を設定。旧大町小は調和小仮校舎として14年度まで利用。調和小建設工事完了、移転後の跡地利用法を検討するための調査となる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野