業界記事

平成13年度当初予算案を公表、一般会計は235億5、000万

2001-03-08

 飯能市(小山誠三市長)は、13年度当初予算案を公表した。一般会計は235億5、000万円で対前年度に比べ、2・3%の減額編成となった。うち普通建設事業費は、39億5、216万4、000円。メーン事業となる(仮称)原市場、(仮称)南高麗福祉センター建設には、工事費4億4、600万円を設定。このほか、矢川橋架け替えに向けた予備設計を委託する。
 工事関連は、飯能第1小学校校舎(南棟西側)耐震補強工事費9、922万9、000円、飯能第2小学校除湿温度保持設備工事費4、700万円、(仮称)ふれあい橋(上部工)架け替え工事費1、876万3、000円など。
 委託関連は、(仮称)市民ホール建設の設計業務、富士見小学校校舎大規模改造・耐震補強設計などが盛り込まれた。
 款別では、民生費が55億1、656万4、000円で最大予算を確保。続いて土木費51億3、362万9、000円、教育費36億8、149万1、000円の順。
 主な特別会計は、下水道が27億8、463万9、000円で対前年度比15・9%減、水道は、収益的および資本的支出合わせて22億9、047万9、000円で同1・4%の減額。
 土地区画整理事業関連は、双柳南部地区が3億4、312万2、000円で同49・3%増と大幅な伸び率を示した。このほか、岩沢北部地区も2億5、623万2、000円で同18・7%の増。これに対し、笠縫地区は、8億7、929万3、000円で同14・5%減、前ケ貫・矢颪の1億9、096万7、000円で同51・5%減、岩沢南部2億3、080万1、000円の2・8%減など。
 主な事業は次のとおり。【(仮称)原市場、(仮称)南高麗福祉センター建設事業】
 事業費は、両施設合わせて監理委託費1、090万円、工事費4億4、600万円を計上。単年度事業として早ければ6月議会案件で発注、14年4月の開所を目指す。原市場施設は、原市場599ほかに建設。規模は、木造2階建て延べ床面積1、090㎡。設計は、森京介建築事務所(渋谷区)が担当している。一方、南高麗は、木造平屋建て床面積640㎡として上畑202に建設。設計担当は、とらいあんぐる加藤設計(飯能市)。ともに高齢者福祉を目的に作業室、浴室、教養娯楽室、ホール、図書室などを内包させる計画でいる。
【(仮称)市民ホール建設】
 設計業務を予定。市庁舎に隣接した中庭約200㎡を利用し、市民の憩いの場を目的に建設する。現段階では、単独施設や庁舎部分の増築などのプランを挙げ、詳細を設計の中で検討する。
【矢川橋架け替え工事】
 昭和33年に建設された既存橋の老朽化などにより計画。13年度は、予備設計を予定している。現橋は、市道1-8号線上の矢颪地内で入間川に架かる。規模は、橋長65・5m、幅員4m、路肩0・5m、下部は直接基礎で橋台2基、橋脚5基の6スパンコンクリート橋。新橋については、設計の中で検討する。
【飯能第1小学校校舎耐震補強工事】
 南棟校舎西側を対象に実施。規模は、RC造3階建て該当面積1、877㎡。耐震壁などによる補強を行う。設計は、楠山設計(千代田区)が手掛けた。工事費は、9、922万9、000円。所在地は、山手町13-18。
【飯能第2小学校除湿温度保持設備工事】
 工事費は、4、700万円を計上。RC造4階建て補助面積2、386㎡を対象に空調機を設置する。設計担当は、金子設計(狭山市)。所在地は、小瀬戸548-1。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野