業界記事

大和田地区土地改良総合整備事業に着工、今秋から機場下部へ

2001-03-07

 県境土地改良事務所は、今年度に一般の省力化対策型で採択された大和田地区(猿島郡三和町)の県営土地改良総合整備事業に概ね5か年計画で整備していく方針だ。予定では今年度末までに用水施設(機場、パイプライン)の設計をまとめ、秋口にも機場下部工事を発注するもよう。13年度の事業費要望額は6、000万円。
 工事概要は用水機場1箇所、パイプライン7、570m、排水路560m(排水フリューム600×600)で整備する。
 計画では第一測工(株)(宇都宮市)で進めている用水施設設計を3月末までにまとめ、今秋から機場下部工に着手したい考え。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野