業界記事

首都移転先の環境面で研究会が提言

2001-03-06

 国土交通省は、首都機能移転先の環境面等について研究会(座長・井手久登東京大学名誉教授)を設置し、検討を進めてきたが今月2日の最終会合でその提言をとりまとめた。
 提言では、環境面からの新都市のあり方について、環境への影響に配慮するのみならず、よりよい環境の創出に向けて積極的に働きかける都市の実現を目指す「自然環境共生型都市」および「ゼロエミッション都市」の実現を求めるとともに、それを実現するため首都機能移転の計画段階で戦略的環境アセスメントの考え方を適用し、計画等の早期段階から適切な環境配慮を行うことが必要とした。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野