業界記事

平成13年度予算案を公表、一般会計は667億2、000万円

2001-03-05

 長岡市はこのほど、平成13年度予算案を明らかにした。それによると、一般会計ベースでの予算額は667億2、000万円となった。これは対前年度当初比0・8%減。新規事業として、陸上競技場の整備や仮称・長岡市民センターの開設、浄水場施設更新の実施設計策定などを盛り込んだ。
 主要事業及びその予算額をみると、まず生涯学習面では、新規で仮称・長岡市民センターの開設に1億9、759万円を予算化した。開設場所は、同市大手通の「ザ・プライス丸大店」跡地のビル。同ビルはRC造地下1階地上7階建て延べ8、270㎡。計画ではこのビルの1階から3階部分を改修して賃借する。内部に市民サービスセンター、国際交流センター、まちの情報センター、女性センター、市民活動センター、ちびっこ広場等を設置する。オープンは10月を予定。仮称・日越地区コミュニティセンター建設に9、192万円を計上。用地造成工事等に充てる。同センターの建設場所は同市宝地内。規模はS造2階建て延べ1、200㎡。公民館や児童館、福祉施設の機能を備えた施設になる。設計は(株)ワシヅ設計らが担当している。設計書の納期は今月15日まで。地質調査は東邦地水(株)が実施した。新規で仮称・黒条地区コミュニティセンターの建設に412万円を計上。用地取得等を行う。町内公民館の建設補助に3、431万円。対象は6日市町、中貫町、才津1、新保町、水梨町、下々条町の6館。新規で陸上競技場の整備に1億9、265万円を予算化。第2種公認競技場再公認のための整備を実施する。県営屋内プールの誘致(悠久山地区)に1、921万円。サマースキー場の整備に5、668万円を計上した。
 社会福祉面では、仮称・上除・木の芽保育所の統合改築(平成12年度からの2ヵ年継続)に4億1、634万円。公立認可保育所の整備に1億854万円。宮本保育所の改修と北部保育所屋外遊戯場の拡張を行う。私立認可保育所施設整備の助成に8、579万円。摂田屋保育園の増改築と長生保育園増築等に充てる。新規で痴呆性高齢者グループホーム建設の助成に1、000万円。対象は2ヵ所の介護サービス施設。身体障害者療護施設「桐樹園」地域交流ホーム建設の助成(新規)に1、000万円。老人福祉センター「お山の家」改修の助成に810万円。冬季バリアフリー化の推進に3、300万円。公共施設のバリアフリー化に7、278万円を計上した。
 学校教育面では、教育環境の整備に16億2、827万円を計上。内容は、阪之上小学校の全面改築(平成12年度からの2ヵ年継続)。川崎小学校大規模改造(設計・工事)。江陽・栖吉中学校大規模改造(設計)。希望が丘小学校は屋体の耐震補強工事を実施。場所は西津町地内。規模はS造平家建て延べ1、193㎡。設計は(有)島田建築事務所らが担当。耐震診断は内藤建築構造事務所が行った。上組小学校の屋体は耐震補強の設計を行う。学習情報化の推進に1億5、349万円。学習情報ネットワークの拡大(29小学校と養護学校に接続)とパソコンの整備を行う。
 中心市街地整備では、市街地再開発事業の促進に5、228万円。そのうち大手通表町地区は基本設計等を実施。事業主体は大手通表町地区市街地再開発準備組合。複合商業施設で、SRC造地下1階地上11階建て延べ約49、620㎡。モール整備事業の促進に1、064万円。道路詳細設計等に充てる。長岡操車場地区の開発整備に511万円。土地利用計画を策定する。
 地域情報化対策には、新規で地域情報化基本構想の推進に7、417万円を計上。地域情報化戦略実証実験システムの基本設計や情報水道事業運用モデルの策定等を行う。
 生活環境面では、ダイオキシン対策の推進に
14億3、695万円。長岡地区衛生処理組合が事業主体の鳥越ごみ焼却施設ダイオキシン対策(平成12年度からの2ヵ年継続)の実施に充てる。長岡ニュータウン廃棄物運搬用パイプラインの整備(平成9年から13年度継続)に1億4、979万円。斎場改築に500万円を計上。基本計画を策定する。老朽化が進み手狭になった現施設を全面改築するもので、場所は同市鉢伏町の同施設の敷地内になる模様。敷地の地質調査は旭調査設計(株)が担当した。長岡水辺プラザの整備に3、000万円。水道公園の敷地造成や駐車場の整備を行う。水道公園の実施設計は(株)東京建設コンサルタントが担当。今月30までに納品予定。街区公園の整備に3、179万円。対象は稲場、長峰、川崎東、渡沢公園。そのうち稲場公園は都市計画公園で場所は同市関原1。面積は約3、400㎡。主な施設はスポーツ広場、子供広場、ふれあい広場、フラワーガーデン等を予定。新年度に入ってから実施設計、同年度内の1部着工を目指す。ふれあい緑道の整備(新保1丁目)に6、042万円。西部丘陵地(ネオトピア長岡)の整備に734万円。新規で第2ゾーン暫定利用施設の整備(乗入れ道路や駐車場等)を行う。
 農業・農村活性化策では、ほ場整備事業に5、706万円。対象は県営6地区と団体営1地区。かんがい排水事業に1億5、683万円。対象は県営1地区、県単3地区、市単5地区。農道整備事業に7、000万円。川東と川西地区基幹農道の整備に充てる。市営食肉センター施設の整備に5、024万円を盛り込んだ。
 災害・防災対策では、河川・準用河川・用悪水路の整備と急傾斜地の崩壊対策等に1億4、352万円。新規で仮称・川西消防署臨時ヘリポートの建設に1億2、072万円を計上した。地区防災センター耐震対策に5、792万円。耐震診断、補強工事、補強設計を各1カ所づつ行う。水道施設の耐震化に2、300万円。実施設計と浄水場電気設備耐震補強工事に充てる。消雪施設の整備に1億4、900万円。対象は井戸やポンプの改良5ヵ所、老朽管敷設替12ヵ所。
 道路関係では、道路橋りょうの整備に15億7、524万円を予算化。新設改良は38路線、舗装新設は47路線、橋りょう整備は2橋。都市計画道路の整備に5億6、900万円。四郎丸町永田線他4路線の整備に充てる。
 下水道整備では、公共下水道整備に29億6、000万円を計上。汚水管や中央浄化センターの整備を実施する。同センターの更新計画策定はオリジナル設計が担当。期間は今月25日まで。農業集落排水事業に1億3、953万円。十日町地区の管路整備に充てる。都市雨水対策計画の策定に1億500万円。実施計画の策定や事業認可設計の実施など。湛水対策事業の実施に5億4、000万円。雨水排水管渠の整備と雨水排水ゲートの自動化(2ヵ所)を行う。また上水道整備では、新規で浄水場施設の更新に7、700万円。内容は実施設計の策定等。配水管や石綿管の敷設替に4億円。送配水施設の整備(栖吉ポンプ場等)に1億7、800万円。
 市営住宅整備に3億3、820万円。上除団地市営住宅の建替(第5期)を実施。場所は同市上除地内。規模はRC造3階建て延べ2、100㎡。建設戸数は30。設計は(有)清水建築設計事務所らが担当した。今月6日に入札を実施した後、議会承認を待って今年度中に着工する。入居開始は平成14年4月を予定。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野