業界記事

13年度予算案および事業概要を公表

2001-03-05

 東松山市は、13年度予算案および事業概要を公表した。一般会計は、257億5、500万円で対前年度に比べ2・6%の減額編成となった。うち普通建設事業費は、61億8、698万4、000円、同10・1%の減額。注目される仮称大岡地区市民活動センター建設事業および仮称野本コミュニティセンター建設事業には、6億2、658万円、1億822万円の2か年継続費を設定した。
 仮称大岡地区市民活動センター建設事業は、13年度3億6、314万円、14年度2億6、344万円の総額6億2、658万円を投入。地域住民生活と生涯活動の拠点づくりを目的に大谷地内に建設する。規模は、規模はRC造2階建て、内部に多目的ホール、和室、調理室、会議室などを設置する予定。設計は、平安設計(北区)が担当。
 また、仮称野本コミュニティセンターは、野本運動場敷地内に建設する。規模は、平屋建て床面積430㎡。内部には、和室、大広間2室などを設置しトイレなどバリアフリー化に配慮する考えでいる。
 このほか、工事関連は、東武東上線東松山駅西口にS造平屋建て床面積約40㎡の公衆便所設置に3、071万9、000円、平屋建て200㎡規模の仮称住まいづくり体験館建設に3、820万2、000円、50台から85台へ拡張する市民健康増進センター駐車場増進事業費2、582万8、000円など。
 委託関連は、新規に向台住宅(第3期)建替事業費900万円を計上。シルバーハウジング・プロジェクト計画作成や高齢化社会に対する市営住宅建設のため調査計画を行う。このほか、リサイクル施設整備事業でリサイクルプラザ基本計画など策定に2、260万円、市街地整備推進事業の、東武東上線東松山駅周辺都市活力再生拠点整備計画作成、松山中学校屋内運動場改築設計など。
 主な特別会計は、下水道事業25億円、高坂土地区画整理事業2億3、100万円でそれぞれ同14・2%、同34・3%と大幅な伸び率となった。このほか箭弓町3丁目土地区画整理事業が4億4、100万円、同35・1%減額、和泉土地区画整理事業は6、400万円、同12・3%減額、水道事業の24億4、665万2、000円、同14・4%の減額などが計上されている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野