業界記事

13年度の共同技術者募集-技術開発の効率化目指し

2001-03-02

 日本下水道事業団は1日、民間の技術を導入し、技術開発の一層の効率化を図ろうと平成13年度の新規共同研究者の募集を開始する。
 今回の募集課題は「活性化汚泥処理に関与する微生物(群)の新たな解析手法の実務的利用」。
 募集方法は、原則として1社又は1団体1件とし、日本下水道事業団の技術開発研修本部技術開発部・大森調査役(〒335-0037埼玉県戸田市下笹目5141、TEL048-421-2693、問い合わせも同じ)へ3月30日の午後4時までに提出。4月18日に共同研究の内容・計画に関してヒアリングを行い共同研究者を決定する予定だ。
 研究開発の条件は、免疫学的分析手法又は分子生物学的分析手法を用いて活性汚泥処理に関与する微生物(群)の挙動や機能の解析を行い、実処理施設における運転条件や処理性能等との関係を明らかにすることなどで、研究期間は平成13年度から15年度。進捗によっては延長・短縮を行う。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野