業界記事

歴史文化伝承館等複合施設に2か年継続費を設定、13年度当初予算案に19億3、000万円計上

2001-03-01

 秩父市は、13年度から2か年継続で建設する(仮称)歴史文化伝承館等複合施設に2か年継続費19億3、000万円を13年度当初予算案に設定した。順調ならば11月中にも一般競争により入札執行、12月議会案件として工事契約する。工期は15年3月25日までの2か年継続事業で進める。日本設計(新宿区)が9月28日納期で基本・実施設計をまとめる。
 計画地は、現在の第1庁舎西側の第2庁舎、中央公民館のある部分の敷地および駐車場部分。全体敷地面積約7、600㎡、道路拡幅整備後は約6、300㎡の敷地面積。計画施設規模は、SRC造、地下1階、地上8階建て、延べ床面積6、600㎡規模。施設内容は、中央公民館と市役所第2庁舎との複合施設で、導入内容は中央公民館が延べ1、942㎡。その内訳は①ホール機能=590㎡②図書閲覧機能=60㎡③文化活動機能=560㎡④会議研修機能=522㎡⑤交流機能=145㎡⑥運営支援機能=145㎡--など。第2庁舎分は延べ1、763㎡で、事務室など(1、463㎡)、会議室、倉庫(300㎡)。残る約2、900㎡の面積は共用部分などとなる。
 13年度当初予算案における予算措置は、解体を含む工事費4億3、000万円。継続費19億3、000万円の、年割額は13年度3億8、600万円、14年度15億4、400万円の内訳となっている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野