業界記事

13年度当初予算案を公表、対前年度比2・8%伸

2001-03-01

 桶川市(上原栄一市長)の13年度一般会計当初予算案は191億900万円で、対前年度比2・8%伸びとなった。公共下水道、若宮土地区画整理事業など5つの特別会計を含めた総額は312億2、590万円で同4・5%の増額。普通建設事業費は27億5、001万2、000円で同10・7%の大幅な伸びとなった。これは、鴨川、北、坂田保育所の厨房内空調機設置工事や西小学校耐震補強、東小学プール改修などの工事費が新規事業として盛り込まれているのが大きい。
 工事費で目立つのは、西小学校の耐震補強工事に5、400万円を設定。補強対象校舎は、昭和44年に建築されたRC造3階建て、延べ床面積は3、296㎡の普通教室棟。補強内容は、鉄骨ブレースやスリットなどを予定。場所は下日出谷838-1。
 教育関連ではこのほか、東小学校プール改修に3、000万円、東中学校耐震診断には700万円などを計上。
 対前年度比11・6%の増額を見せた土木費では老朽化に伴う桶川駅自由通路の屋根改修工事に2、700万円を新規計上。サイクリングロード整備事業では、荒川左岸の泉福寺から太郎右衛門橋間の整備に3、560万円を投じ着手する。
 下水道事業は、管渠実施設計費に5、500万円、地質調査費に400万円を計上し、雨水、汚水管整備を行う。
 概要は、補助管渠工事汚水が管径200mm、延長L790m。雨水は800mm×1、000mmのボックスカルバートで、延長250m。工事費は1億6、000万円。単独管渠工事は汚水管が管径200mm、延長1、829m、雨水管は600mmのボックスで、延長は50m。事業費は2億300万円。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野